スキップしてメイン コンテンツに移動

iPhoneの通信をパケットキャプチャで傍受する

既に同様の話題は他のブログで既出ですがメモとして。

パケットキャプチャは定番のWireSharkを使います。
また、クライアントはMacを想定しています。Windowsの場合は別途代替方法が必要になります。

まず、iPhoneをUSB LightningケーブルでPCと接続します。

次に、iPhoneのUUIDを調べます。
Xcodeを使用する場合

Xcodeを起動 → Window → Devices でDevicesウィンドウを表示。左側のリストから接続されているiPhoneデバイスを選択します。
Device Information内のIdentifierの値をクリックして選択でコピー。



Xcodeを使用しない場合
iTunesでも同様の情報を表示できます。
iTunesを起動 → 接続デバイス画面で端末を選択し、概要画面を表示します。
ここで、「シリアル番号」と記載されている部分をクリックすると表示が変わり、UUIDが表示されます。
この状態で右クリックすると、コンテキストメニューで「コピー」と表示されるのでそれをクリックすると、値がクリップボードにコピーされます。


で、UUIDをコピーしたら適当なターミナルを起動して、下記のコマンドを実行します。

rvictl -s <UUID>

<UUID>の部分にはさっきコピーしたUUIDを貼り付けます。

実行して「Starting device xxxxxxxxxxx [SUCCEEDED]」と表示されればOKです。


続いて、WireSharkを起動します。



メニューの Capture から、 Interfaces を選択します。または、ショートカットでControl+Iでも良いです。


続いて表示されるダイアログから、「rvi0」というインターフェースを選び、チェックを付け、Startボタンをクリックするとキャプチャが開始されます。



あとはキャプチャ中はiPhoneを操作しながらキャプチャ結果を確認していきます。
HTTP通信について見たい場合は、Filterに「http」と入力し、「Apply」ボタンを押すことでより見やすくなります。

ほどほどにキャプチャ出来たら、赤い四角の停止ボタンを押してキャプチャを終了します。

最後に、下記のコマンドを実行して、先ほど作ったiPhoneとの接続インタフェースを停止します。

rvictl -X <UUI>

<UUID>の部分には先ほどのUUIDを貼り付けます。

実行して「Stopping device xxxxxxxxxxx [SUCCEEDED] with interface rvi0」と表示されれば切断完了です。



このような簡単な手順で、iPhoneの通信内容の傍受は簡単に行えます。
なので、iPhoneアプリを作る際は、設計の際に通信内容は傍受されても困らない形で設計する必要があります。

コメント

このブログの人気の投稿

iPhone7はApple Payでゲーム系ICカードとしても使えるか?

先日発売されたiPhone7をはじめiPhone6以降の機種で、日本でもようやく、Apple Payが使えるようになりました。
iPhone7は長年ユーザーが待ち望んできた防水対応もさることながら、日本向けiPhone7/7 Plusでは、NFCだけでなくFeliCaを搭載し、Apple PayではJR東日本のモバイルSuicaやEdyが使える、というのが今回の注目にもなりました。
Apple Payが始まることで、こちらも日本のユーザーが待ち望んでいたモバイルSuicaをはじめとする、国内の様々な場所で使われている非接触IC系サービスの恩恵を受けられるようになります。



ということは、非接触系ICカードを利用している場所の一つである、ゲームセンター。ここにある数々のゲーム筐体、最近では非接触ICカードリーダーが備え付けられていて、独自の電子マネー機能を持ち合わせたり、カード情報を読み取ってプレイヤーのプレイデータを読み込むのに使用されたりしています。これらは果たしてiPhone7でも使えるのか…。
検証
まず、現在国内で主流の非接触IC系ゲームプレイカード(以下、プレイカード)は下記の種類があります。

e-AMUSEMENT PASS (コナミ)
Aime (セガ)
バナパスポート (バンダイナムコ)
NESiCA (タイトー)
※これ以外にもあるかもしれませんが、自分が主に音ゲーを好んでやるため、音ゲー機種が出ているサービスのみを対象にしています。

これらのサービスに対応する機種でiPhone7のApple Payが使えるか検証してみます。

さくらのクラウドでマストドンのインスタンスをサブドメインで作る

タイトルに「の」と「で」が多すぎますが気にせずいきますこんばんは。

さくらのクラウドで、いま話題のMastodon(マストドン)のインスタンスを作成してみました。
Mastodonは普通にソースを展開して自分で普通にセットアップする方法や、Docker-composeを用いた方法などがありますが、さくらのクラウドでは、スタートアップスクリプトを用いて、管理画面から必要な項目を入力、スクリプトを選択するだけで簡単に立ち上げることができるようになっています。

さくらのクラウドのMastodonスタートアップスクリプト 実は少し前にこの方法で立ち上げたりもしていたのですが、本当に簡単でサクサクできてもの自体は30分程度で完了します。
管理者ユーザーを作成するには、通常のユーザー登録と同じ手順で画面からユーザーを作成後、一度コンソールからログインして、mastodonユーザーで下記のコマンドを実行する必要があります。

# su - mastodon % cd ~/live % bundle install % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=登録時のメールアドレス % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:make_admin USERNAME=作成したユーザーID mastodon:confirm_email でメール受信確認をスキップして承認済みに、mastodon:make_admin で指定したユーザーを管理者に設定します。

これでインスタンス管理者として様々な操作をGUI上から行えます。

同類の記事は恐らく既にたくさんあるので、詳しい作り方に関してはそちらを参考にしてください。

気になるところが 上記のさくらのクラウドニュース内で記載されているMastodonスタートアップスクリプトでの構築方法に関する記事内で、一つ気になるところがありました。
それが
※サブドメイン(例:mstdn.example.com)には対応していません。 という記述部分です。

つまり、このスタートアップスクリプトを利用した場合、サービス専用のドメインを用意する必要があります。
既存のドメインをなるべく利用したい場合には向…

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する

HTMLページをパースしてURLを取り出す処理を書いていたのですが、ページ内のリンクなどが全部絶対URLで記述されていれば非常に楽なのですが、現実としてそうでもなく、ページによっては相対パスで書かれていたりして、正規表現で偏にリンクからURLを抜き出すだけではうまくできませんでした。

そこで少しググってみたら

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する|PHPプログラムメモ|プログラムメモ

という記事を発見!おぉ、これは便利!
と思って使わせてもらおうと思ったのですが、いくつかテストしてみて、相対パス処理で不備があるなーと思ったところがあったのでちょっと改良させてもらいました。

37~38行目は正直いらない気がしたのですが、 PHP 5.3 のCLIでWindows上でテストした際に、なぜか \/ (アルファベットのVではなく、\/ ) で出力されたのが気になったので、無駄かもしれないけどあえて記述。
あと $parse の初期化もここまでする必要ないけど、念のためNotice対策を…w

相対パスから絶対URLする関数

< ?php
/**
* 相対パスから絶対URLを返します
*
* @param string $base ベースURL(絶対URL)
* @param string $relational_path 相対パス
* @return string 相対パスの絶対URL
* @link http://blog.anoncom.net/2010/01/08/295.html
* @link http://logic.stepserver.jp/data/archives/501.html
*/
function createUri( $base = '', $relational_path = '' ) {

$parse = array (
'scheme' => null,
'user' => null,
'pass' => null,
'host' => null,
'port' => null,
'path' => null,
'query' => …