スキップしてメイン コンテンツに移動

Galaxy Nexusを購入しました

先週、12月19日にSamsung Galaxy Nexusを購入しました。現時点でAndroid OS 4.0を搭載した唯一の機種です。また、その名の通りGoogle監修によるリファレンスモデルのNexusシリーズの最新機種です。
国内では既に12月4日にドコモから日本向けのGalaxy Nexus SC-04D発売されており、その手のレビュー等については他の方が既にたくさんレビューされているので、今回この場では、それ自体に対する使用感などについてはここでは特に書きません。そちらが目的の方は別途探してみてください。

では何を書くかというと、誰も興味ないであろう、既にiPhone4を利用しているのに、どうして買ったかなどを自分の記録のために書いておきたいなと思った次第です。

なんで?動悸は?


Android機は今まで触ったこともあるし、それ向けにモック程度のアプリを作ったこともありました。しかしどちらも仕事として、また会社端末の初代Xperia、初代GALAPAGOSの機種を触ったことがあった程度でした。
この辺りで感じたことは、動作がモッサリ、タッチした箇所が目的でない場所で反応するなど、以前から使っていたiPhoneと比較しても全く使いたいと思える端末ではありませんでした。
なので、今後もAndroidは買いたくないし使いたくないなと思っていました。

しかし、昨今のスマートフォンの普及状況を見ても分かるとおり、端末も安価で多数のメーカーから販売されているAndroid端末の普及速度は、スマートフォンのみならず各種タブレット、さらには一部でカーナビに使われるなど、様々なところで目にするようになってきました。

……なんていう堅苦しい市場動向は、多少は考えていつつもそこまで今回は考えてません。
詳しくは経緯にて。

また、アプリの開発、マーケットへの公開についてもiOS用に開発するよりも開発しやすく(Javaで作れる習得のし易さ、開発環境もeclipse+Android SDKでどの環境でも行える)、AppleのAppStoreに出すよりも容易(実質審査はなく、開発者に年間利用料を請求するのではなく、登録費用登録費用$25を初回に支払うのみ)なため、開発者としても遊びやすいなと思えるところでした。

あとは、先ほど挙げましたが、普及台数が多いのは本当のところで、今までWebアプリを主に作ってきた身として、Android位はせめて手元に実機で欲しいなというところです。
エミュレータでも良いんだけど、確認だけでアレ立ち上げるのは。。。

ぶっちゃけた話しが、ただ携帯の買い換えをしたかっただけです。
本当を言うとWindows Phone 7.5(Mango)の端末が欲しかったのですが、

現状、auの東芝製端末しか出ていない。
auにMNPしたくない。

というところで今回は諦めたのですが、本命としてWP7はまだ欲しいので、どこかでうっかりする可能性がまだまだありそうです。



経緯


今年(2011年)9月頃に仕事で出張したバングラデシュ国内で、それまで使っていたガラケーを紛失。

恐らく、舗装されてない道を移動する際に使ったバイクタクシー的な乗り物に乗ってる最中に、ポケットから飛び出してそのまま。

見つかるハズもなく帰国。

携帯会社の安心保険的なものを使ってもあまり安くそこそこの機種をゲットできそうにもなく断念。

今さら新しいガラケーなんて買う気もなく、iPhone4使っているのにiPhone4 S買う気にもなれず。

現在発売されているAndroidも特に魅力がなく。(
↓→SBMからWP7機が出てたら買ってた

分割購入ではなかったものの、端末代金割引終了まであと数ヶ月。

以前使っていた4年ほど前の携帯を使う。

しかしバッテリーが膨張して破裂寸前状態、また電池も5分程度しか持たない情況でどうにか過ごす。

どうにか3ヵ月粘ったが、無くした端末よりも機能的にも劣り、電源も持たない状態で毎月通信費を取られるにはもう限界。

Android 4.0搭載のGalaxy Nexus発売。

Nexusはリファレンス機なので、メーカーやキャリアのつまらないプリインアプリが無い。
↓→変な制限もなく、素のAndroidがそこそこ最新スペックで使える

ドコモにMNPしてしまおうか(SoftBankを使ってます)
↓→でもドコモ版は相変わらず制限あるし使いづらい。
↓→ドコモはiモードのしがらみで生まれたSPモードがあるのが好きじゃない。
↓→そのSPモードはずっと障害続き
↓→→その矢先にランダムメールアドレス事故。
↓→→ドコモにはやっぱり移りたくない…

Nexusは世界中で売ってるし、この際SIMフリーを探してみよう

意外と安く、5.6万円程度で買える。

よし、買おう!



SIMフリーです


今回は自分では初となる、SIMフリー、そして初の自前Androidということでちょっと楽しみにしてました。
本来であればガラケーからの乗り換えとなるのでSIMフリーとは言え、ショップでスマホ向けプランに契約を切り替えないと行けないのですが、あれこれ調べた結果APNさえ設定すれば諸処の都合上今の契約でもうまく使えそうであることが分かったため、現在はそのまま使っています。
あとガラケー側で利用しているおサイフケータイなどがまだ残っていて、こちらの切り替えが出来てないので通信できなくなってしまうと困るなーというのがあります。

一昨年と昨年は年に2〜3回程度海外に出張に行くこともあったので、今後も出張期間や海外に行く際にはこの端末に現地のSIMを挿して使えば、ローミングで高額にならずに安くすむし良いなーという利点も含めてます。



で、何したの



まずはフツーに起動して、アカウント設定して、アプリ入れて…としていたのですが、フォントがアレ…。
そう、中華フォントと言われているCJKフォント。あれ?聞いてた話しだとモトヤフォントが採用されてリポジトリにも入ってたはず…。
で、見慣れない書体で違和感をぬぐいきれず、フォントの入れ替えについてググってたりしました。

その方法については、以下のサイトを参考にさせて戴きました。
Linux/CGP作業メモ » Galaxy Nexusのフォント入替え方法(非rooted)のメモ

上記のサイトでの補足事項として、最初、DroidSansFallback.ttfの記述の後ろに設定を追加していたのですが、どうもDroidSansFallback.ttfで定義内でマッチしない言語のフォントをすべてを拾ってしまうようだったので、これの直前に追加する形にしたところ、うまく反映できました。

現在はrootを取得してまでしたいこともないので、その辺りについては全く行ってないです。


で、まとめると


そんなわけで、WP7端末が欲しい私がAndroid端末を購入したつまらない話しでした。

コメント

このブログの人気の投稿

さくらのクラウドでマストドンのインスタンスをサブドメインで作る

タイトルに「の」と「で」が多すぎますが気にせずいきますこんばんは。

さくらのクラウドで、いま話題のMastodon(マストドン)のインスタンスを作成してみました。
Mastodonは普通にソースを展開して自分で普通にセットアップする方法や、Docker-composeを用いた方法などがありますが、さくらのクラウドでは、スタートアップスクリプトを用いて、管理画面から必要な項目を入力、スクリプトを選択するだけで簡単に立ち上げることができるようになっています。

さくらのクラウドのMastodonスタートアップスクリプト 実は少し前にこの方法で立ち上げたりもしていたのですが、本当に簡単でサクサクできてもの自体は30分程度で完了します。
管理者ユーザーを作成するには、通常のユーザー登録と同じ手順で画面からユーザーを作成後、一度コンソールからログインして、mastodonユーザーで下記のコマンドを実行する必要があります。

# su - mastodon % cd ~/live % bundle install % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=登録時のメールアドレス % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:make_admin USERNAME=作成したユーザーID mastodon:confirm_email でメール受信確認をスキップして承認済みに、mastodon:make_admin で指定したユーザーを管理者に設定します。

これでインスタンス管理者として様々な操作をGUI上から行えます。

同類の記事は恐らく既にたくさんあるので、詳しい作り方に関してはそちらを参考にしてください。

気になるところが 上記のさくらのクラウドニュース内で記載されているMastodonスタートアップスクリプトでの構築方法に関する記事内で、一つ気になるところがありました。
それが
※サブドメイン(例:mstdn.example.com)には対応していません。 という記述部分です。

つまり、このスタートアップスクリプトを利用した場合、サービス専用のドメインを用意する必要があります。
既存のドメインをなるべく利用したい場合には向…

iPhone7はApple Payでゲーム系ICカードとしても使えるか?

先日発売されたiPhone7をはじめiPhone6以降の機種で、日本でもようやく、Apple Payが使えるようになりました。
iPhone7は長年ユーザーが待ち望んできた防水対応もさることながら、日本向けiPhone7/7 Plusでは、NFCだけでなくFeliCaを搭載し、Apple PayではJR東日本のモバイルSuicaやEdyが使える、というのが今回の注目にもなりました。
Apple Payが始まることで、こちらも日本のユーザーが待ち望んでいたモバイルSuicaをはじめとする、国内の様々な場所で使われている非接触IC系サービスの恩恵を受けられるようになります。



ということは、非接触系ICカードを利用している場所の一つである、ゲームセンター。ここにある数々のゲーム筐体、最近では非接触ICカードリーダーが備え付けられていて、独自の電子マネー機能を持ち合わせたり、カード情報を読み取ってプレイヤーのプレイデータを読み込むのに使用されたりしています。これらは果たしてiPhone7でも使えるのか…。
検証
まず、現在国内で主流の非接触IC系ゲームプレイカード(以下、プレイカード)は下記の種類があります。

e-AMUSEMENT PASS (コナミ)
Aime (セガ)
バナパスポート (バンダイナムコ)
NESiCA (タイトー)
※これ以外にもあるかもしれませんが、自分が主に音ゲーを好んでやるため、音ゲー機種が出ているサービスのみを対象にしています。

これらのサービスに対応する機種でiPhone7のApple Payが使えるか検証してみます。

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する

HTMLページをパースしてURLを取り出す処理を書いていたのですが、ページ内のリンクなどが全部絶対URLで記述されていれば非常に楽なのですが、現実としてそうでもなく、ページによっては相対パスで書かれていたりして、正規表現で偏にリンクからURLを抜き出すだけではうまくできませんでした。

そこで少しググってみたら

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する|PHPプログラムメモ|プログラムメモ

という記事を発見!おぉ、これは便利!
と思って使わせてもらおうと思ったのですが、いくつかテストしてみて、相対パス処理で不備があるなーと思ったところがあったのでちょっと改良させてもらいました。

37~38行目は正直いらない気がしたのですが、 PHP 5.3 のCLIでWindows上でテストした際に、なぜか \/ (アルファベットのVではなく、\/ ) で出力されたのが気になったので、無駄かもしれないけどあえて記述。
あと $parse の初期化もここまでする必要ないけど、念のためNotice対策を…w

相対パスから絶対URLする関数

< ?php
/**
* 相対パスから絶対URLを返します
*
* @param string $base ベースURL(絶対URL)
* @param string $relational_path 相対パス
* @return string 相対パスの絶対URL
* @link http://blog.anoncom.net/2010/01/08/295.html
* @link http://logic.stepserver.jp/data/archives/501.html
*/
function createUri( $base = '', $relational_path = '' ) {

$parse = array (
'scheme' => null,
'user' => null,
'pass' => null,
'host' => null,
'port' => null,
'path' => null,
'query' => …