スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

さくらのVPSを使いながら行ったウェブサイトの3つの負荷対策

久しぶりのブログ更新になります。
色々と書きたいこともあったけど、サボってます。(継続中)

少し前の日記に書いたのですが、このブログおよび僕が公開しているいくつかのウェブページについては、基本的にさくらのVPS 512を利用しています。
512は最低プラン(初期からあるプラン)でメモリが512MBしかない環境です。そんな環境なのもあり、以前にTwitterのアカウントが商標権問題で変更せざるを得なくなった話を書いた際に、ありがたい事(?)に/.Jに取り上げられたり、はてブも300近いブックマークをもらったりするほどのアクセスとなりました。

当時、記事を公開した日の朝には、はてブやTwitterなどで話題に上げられ、アクセス増からサーバが高負荷状態となり、記事の閲覧が出来ない状態が続いていたりもしました。このときはmysqlやApacheの再起動を繰り返してみたりするも、あまり効果を発揮できず、最終的にはサーバを再起動させたように覚えています。

この時以降、こんなしょぼくれた個人サイトやブログでも、ある程度はサーバ負荷対策やキャッシュをしっかりしておかなければなと思い、いくつか対策を行ってきました。
これはサイトを運営する上で、サーバやサービスを落としてはいけないという下手な使命感のようなのもありますが、自分自身ウェブ系エンジニアを名乗るとして、それだけのことが出来ていないことが恥ずかしくもあったためです。


長い前置きとなりましたが、そんな僕が現在まで行ってきた大量アクセス時の負荷対策をいくつか挙げていきます。



Wordpressのキャッシュプラグインのインストール
WP Super Cache


おいおい、そこかよというツッコミも聞こえてきそうですが、当時、僕はこのプラグインを入れたつもりだったのですが、実際には入っていない状態となっていました。
そのため、記事のリクエスト時に毎回データベースに接続が行われ、データベースへの接続も、要求処理も原因し、結果過負荷となり、ページを表示出来ない状況に陥っていました。
その後このプラグインを正しくインストールして設定することで、ページのキャッシュが有効化され、大量アクセスが発生してもデータベースへの負荷をかけることなくページを表示できる様になりました。
なので、このプラグイン一つをとっても大量アクセスに対しては劇的に変わるため…