スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

ミクパ♪(初音ミク ライブパーティ 2011)に行ってきたよ

2011年3月9日、ミクの日です!
今年も、昨年のミクの日感謝祭 39's giving dayに続いて、初音ミク ライブパーティー 2011 ミクパ♪に行ってきました!

…といっても今年はライブチケットは残念ながらとれず、ライブビューイングで見てきました。正直なところ、ライブビューイングもチケットが取れなくて、東京ジョイポリス内でのライブビューイングしかないなーと思っていたところ、藤城嘘さんに1人分チケットを譲っていただき、どうにか見れた次第です。嘘さん本当にありがとうございました!!


そんなわけで今日は昼から会場に行き、物販に並んだりしながら時間まで過ごしていました。
物販では公式グッズでパンフレットとピンバッチ、コラボグッズでいくつかとCDを購入しました。
正直なところ、今回の公式グッズの方は総じてデザインが…


そのあたりはさておき、ライブの方について。
今回のライブについては既に各所で出ているかもしれないけれど、突っ込みどころが満載で、ファンにとっては非常に残念結果となってしまっていた印象を受けました。


スクリーンの変更
前回ライブ時には、ミクさんは透明アクリル板(?)による透過スクリーン投影によるもので、非常に先進的かつ新鮮なライブとなっていました。必要な場所以外、背後がすべて透けて見えるため、あたかもそこにいるように感じることができるものでした。
一方で今回は巨大LED液晶スクリーンによる表示。大きいスクリーンがあってそこにミクさんが表示されている状態。
その場に臨場感は減るものの、これはこれで透過スクリーン投影による弊害(正面から見ると、背面のプロジェクタからの光がまぶしくて一部見づらい、ライブのライティングの演出でスクリーンを照らせない、元々色がないところに投影するため若干透けて見えるなど)を回避できたのではないかと思います。
あと肉眼でも若干うっすら感があるのに対し、カメラなどの映像で残すとさらに写りが弱くなると思うので、主催の5pb.さん的には変更ここの理由かなとも思っています(あくまでも素人目線で思った部分です)

また、ライブ中のミクさんの表現方法が広がっていたのではないかなと思います。たとえば、スポットライトで照らされた際には、それに併せて照らされているようにうまく背景の光と影をつけることで、あたかもそこにいるような演出を細かく描画できる(実際にそのようなシ…