スキップしてメイン コンテンツに移動

Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話

2011年1月27日、僕はツイッター上において約4年間使用してきた自分のアカウント名を、 @anonymizer から @anon5r に変更した。
これには次のような利用があったからだ。


2011年1月25日、僕の元に1通のメールが届いた。
その内容は、普段ツイッターで利用していたアカウント名 @anonymizer が、米国Anonymizer, Inc.の商標権を侵害していると言う内容だった。
差出人名は Anonymizer社の社長、Bill Unrue氏。

貴方が利用しているTwitterのアカウント名である @anonymizerが、Anonymizer社の国際商標権を侵害していて、その顧客を混乱させている。

中略

Twitterユーザ名のいかなる部分においてもAnonymizer社の商標であるAnonymizerの名前を使用しないで欲しい。また、米国、ヨーロッパ、カナダ、もちろん日本でも国際商標権を取得しており、その他の国においてもこれらを現在取得中である。よって、必要に応じては当社は商標権侵害として提訴することも可能である。

中略

ただし、なるべく訴訟問題としてこの問題を避けたいのでこちらから提出する条件を貴方が飲めるのであれば、アカウント名を変更し、その旨同意のことをこのメールから7日以内に返信して欲しい。
ただし、返答なき場合は法的手段で権利主張を訴える考えがある。

※上記内容は意訳。

文章もすべてとても丁寧な日本語で書かれていた。そこは恐らく日本語を扱える国際弁護士なんかに頼んだものだろう。

それにして、ドメイン名であればまだしも、たかだか1ウェブサービス上におけるアカウント名について商標権を訴えられるとは考えてもいなかった。
(アカウント名程度なら権利侵害をしてもいいという意味ではない)

ちなみに2つめの中略の部分には、向こうから提示された条件が書かれていた。その条件というのは

  • 対応に際して一定の金額を支払うこと。

  • Anonymizer社のサービス1年間分無料で提供すること。



正直、そこで金銭的な関係が発生するとは正直思ってなかった。せいぜい、後者程度かなと。
この条件提示を受けて、「あぁ、このアカウントそんなに欲しいんだ」と思った。
と同時に、ぶっちゃけ長い間使ってきたアカウント名で愛着はあるとは言うものの、変更するだけでそこまでしてもらえるならそれでもいいか。
という考えがよぎり、この交渉に応じることにした。

上にも書いたとおり、4年間使い通してきたアカウント名をみすみす手放すのは惜しい。ずっとこれでやってきたわけだしね。
けれど、僕が権利侵害していると言えばそれは事実だし(それがアカウント名までに及ぶかは調べてないし分からないけれど)、僕自身、ツイッターのアカウント名にそこまでこだわる理由もない。
そして何より正直そんなつまらないことで訴訟なんか起こされてても(お互いに)しょうがない。


ちなみに現在は @Anonymizer のアカウントAnonymizer, Inc. が既に使用しているらしい。先方が行ってくれるという誠意条件のところはまだ連絡を取り合ってる最中だけど、社長はお忙しいらしく返信は2日に1回くらいの頻度でしかもらえていない。正直、本当に条件を守ってもらえるのかも現在においては不明…。っても、こんな事で向こうが最初から嘘をついてもしょうがないと思うので今のところ信じてます。


こんな事があり、現在は @anon5r というアカウント名に変更してます。
@anon5r というアカウント名も anonymizer という語の一部をNumeronym (ヌメロニム)で省略しただけなんだけれども。
欲を言えば、ホントは @anon (現在取得されている)が使いたいんだけどねぇ…。


何故こうなった!いや、僕がアカウント名を使ってたからなんだけどね。でも、いい悪いとかは抜きにして、Anonymizer社がここまでしている理由は正直よく分からない。

先日、アカウント変更直後に anonymizer でググってみたら、日本語での検索結果で3番目、英語でググってみて2ページ目の3番目に僕のツイッターアカウント名が出ていた。
なのでそういった意味でもAnonymizer, Inc.にとっては魅力的だったのかもしれないし、まったく見ず知らずの訳の分からない日本人がろくでもないことをつぶやいていたりして気にしていたのかもしれない。

また別の見方として、Twitterにおけるアカウント名が企業にとって重要なものとなってきていること、そして何より、Twitterそのものが企業にとって重要な情報発信媒体となってきていることが言えるのではないかなと感じた。



最後に念のため申し上げておくと、僕はドメイン名紛争問題などにおける企業名や商標名などのアカウントを取得して、売るといった目的でアカウントを利用していたわけでは決してないことを付け加えておきます。
今回のケースでは先方の好意もありこのような結果となりましたが、全ての企業がこのような対応をされるとも思いませんし、それ以前に既に命名などにおける権利を保有している他者への侵害目的でのアカウント名またはスクリーン名の利用はTwitterの利用規約に反することになり、その旨の対応がTwitterにより行われる可能性がありますのでその旨ご注意ください。
(この利用規約については僕は十分理解しないままずっと使い続けてきてしまい、最近この問題があって規約を読み返したとき、初めてこの規約について気付いたので…)


以下、変更と追記

2011年1月31日 13時32分

先方からの条件を具体的に書いてしまっていたのを抽象的にした。理由はこれを前例として似たような問題の発生と、それに対する対価基準がこれ。といった事例が事例が増えるのを避けたいため。

追記として、僕がアカウント名に anonymizer というIDを使っていた理由は、実際に Anonymizer.com のサービス名に影響を受けていたという事実があります。
(ただしAnonymizer.comや同社に対してどうこうしたいという考えは全くありません)
また、"Anonymizer" という単語は実際同社による造語であり、一般的な用語ではないというのも事実。

僕の中でそういった経緯もあり、今回の対応をとりました。
元々に自分で考えた(つもりであった)名前が、今回のような問い合わせがあったとしたら、別の対応を取っていたかも知れません。


2011年1月31日 17時13分

Twitter社における、商標権に関するポリシーを明言しているページへのリンクを追記。

コメント

  1. [...] Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話 » anoncom blog - Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話 » anoncom blog – [...]

    返信削除
  2. 商標は分野ごとで、たしかにTwitterはインターネット分野ではあるけど・・・たとえば、お菓子業界の文明堂がbunmeidouという商標でアカウントを取れるか?という事に関しては取れるでしょうし、逆にその他の分野でbunmeidouが例えば分鳴動で取れるかといえば取れるでしょうというのと同じで
    インターネット分野のAnonimizerが、占有権を主張できるかは微妙じゃないでしょうか?
    要するに商標をとっているか?という事とTwitterのアカウントとして占有権を取れるか?という事は別問題。
    つまり、本件は、別分野の商標を盾に占有権を求めてきたという話でもあり、ちょっと弁護士さんにやられましたね。という気はしないでもないです。
    とはいえ、商標とかぶるアカウントは使用しないに限ると思います。

    返信削除
  3. [...] あのん(anon)氏のブログ記事 http://blog.anoncom.net/2011/01/30/491.html によると、Anonymizer, Inc.から、同氏の使用していたアカウント名 @anonymizer が同社の商標権を侵害しているとして警告があり、 [...]

    返信削除
  4. 確かに登録商標のようですけど、少なくとも商標権の侵害じゃないですよね。不正競争行為みたいな曖昧なやつですよね。だからこそお土産を用意したのだと。

    返信削除
  5. [...] Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話 (はてブ) こんな事ってあるんですね [...]

    返信削除
  6. [...] Twitter のアカウント名に気を付けなければ訴えられる Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話 » anoncom blog - [...]

    返信削除
  7. […] Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話 (はてブ) こんな事ってあるんですね […]

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

さくらのクラウドでマストドンのインスタンスをサブドメインで作る

タイトルに「の」と「で」が多すぎますが気にせずいきますこんばんは。

さくらのクラウドで、いま話題のMastodon(マストドン)のインスタンスを作成してみました。
Mastodonは普通にソースを展開して自分で普通にセットアップする方法や、Docker-composeを用いた方法などがありますが、さくらのクラウドでは、スタートアップスクリプトを用いて、管理画面から必要な項目を入力、スクリプトを選択するだけで簡単に立ち上げることができるようになっています。

さくらのクラウドのMastodonスタートアップスクリプト 実は少し前にこの方法で立ち上げたりもしていたのですが、本当に簡単でサクサクできてもの自体は30分程度で完了します。
管理者ユーザーを作成するには、通常のユーザー登録と同じ手順で画面からユーザーを作成後、一度コンソールからログインして、mastodonユーザーで下記のコマンドを実行する必要があります。

# su - mastodon % cd ~/live % bundle install % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=登録時のメールアドレス % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:make_admin USERNAME=作成したユーザーID mastodon:confirm_email でメール受信確認をスキップして承認済みに、mastodon:make_admin で指定したユーザーを管理者に設定します。

これでインスタンス管理者として様々な操作をGUI上から行えます。

同類の記事は恐らく既にたくさんあるので、詳しい作り方に関してはそちらを参考にしてください。

気になるところが 上記のさくらのクラウドニュース内で記載されているMastodonスタートアップスクリプトでの構築方法に関する記事内で、一つ気になるところがありました。
それが
※サブドメイン(例:mstdn.example.com)には対応していません。 という記述部分です。

つまり、このスタートアップスクリプトを利用した場合、サービス専用のドメインを用意する必要があります。
既存のドメインをなるべく利用したい場合には向…

iPhone7はApple Payでゲーム系ICカードとしても使えるか?

先日発売されたiPhone7をはじめiPhone6以降の機種で、日本でもようやく、Apple Payが使えるようになりました。
iPhone7は長年ユーザーが待ち望んできた防水対応もさることながら、日本向けiPhone7/7 Plusでは、NFCだけでなくFeliCaを搭載し、Apple PayではJR東日本のモバイルSuicaやEdyが使える、というのが今回の注目にもなりました。
Apple Payが始まることで、こちらも日本のユーザーが待ち望んでいたモバイルSuicaをはじめとする、国内の様々な場所で使われている非接触IC系サービスの恩恵を受けられるようになります。



ということは、非接触系ICカードを利用している場所の一つである、ゲームセンター。ここにある数々のゲーム筐体、最近では非接触ICカードリーダーが備え付けられていて、独自の電子マネー機能を持ち合わせたり、カード情報を読み取ってプレイヤーのプレイデータを読み込むのに使用されたりしています。これらは果たしてiPhone7でも使えるのか…。
検証
まず、現在国内で主流の非接触IC系ゲームプレイカード(以下、プレイカード)は下記の種類があります。

e-AMUSEMENT PASS (コナミ)
Aime (セガ)
バナパスポート (バンダイナムコ)
NESiCA (タイトー)
※これ以外にもあるかもしれませんが、自分が主に音ゲーを好んでやるため、音ゲー機種が出ているサービスのみを対象にしています。

これらのサービスに対応する機種でiPhone7のApple Payが使えるか検証してみます。

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する

HTMLページをパースしてURLを取り出す処理を書いていたのですが、ページ内のリンクなどが全部絶対URLで記述されていれば非常に楽なのですが、現実としてそうでもなく、ページによっては相対パスで書かれていたりして、正規表現で偏にリンクからURLを抜き出すだけではうまくできませんでした。

そこで少しググってみたら

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する|PHPプログラムメモ|プログラムメモ

という記事を発見!おぉ、これは便利!
と思って使わせてもらおうと思ったのですが、いくつかテストしてみて、相対パス処理で不備があるなーと思ったところがあったのでちょっと改良させてもらいました。

37~38行目は正直いらない気がしたのですが、 PHP 5.3 のCLIでWindows上でテストした際に、なぜか \/ (アルファベットのVではなく、\/ ) で出力されたのが気になったので、無駄かもしれないけどあえて記述。
あと $parse の初期化もここまでする必要ないけど、念のためNotice対策を…w

相対パスから絶対URLする関数

< ?php
/**
* 相対パスから絶対URLを返します
*
* @param string $base ベースURL(絶対URL)
* @param string $relational_path 相対パス
* @return string 相対パスの絶対URL
* @link http://blog.anoncom.net/2010/01/08/295.html
* @link http://logic.stepserver.jp/data/archives/501.html
*/
function createUri( $base = '', $relational_path = '' ) {

$parse = array (
'scheme' => null,
'user' => null,
'pass' => null,
'host' => null,
'port' => null,
'path' => null,
'query' => …