スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2011の投稿を表示しています

Twitterアカウント名が商標権侵害で訴えられそうになった話

2011年1月27日、僕はツイッター上において約4年間使用してきた自分のアカウント名を、 @anonymizer から @anon5r に変更した。
これには次のような利用があったからだ。


2011年1月25日、僕の元に1通のメールが届いた。
その内容は、普段ツイッターで利用していたアカウント名 @anonymizer が、米国Anonymizer, Inc.の商標権を侵害していると言う内容だった。
差出人名は Anonymizer社の社長、Bill Unrue氏。

貴方が利用しているTwitterのアカウント名である @anonymizerが、Anonymizer社の国際商標権を侵害していて、その顧客を混乱させている。

中略

Twitterユーザ名のいかなる部分においてもAnonymizer社の商標であるAnonymizerの名前を使用しないで欲しい。また、米国、ヨーロッパ、カナダ、もちろん日本でも国際商標権を取得しており、その他の国においてもこれらを現在取得中である。よって、必要に応じては当社は商標権侵害として提訴することも可能である。

中略

ただし、なるべく訴訟問題としてこの問題を避けたいのでこちらから提出する条件を貴方が飲めるのであれば、アカウント名を変更し、その旨同意のことをこのメールから7日以内に返信して欲しい。
ただし、返答なき場合は法的手段で権利主張を訴える考えがある。

※上記内容は意訳。

文章もすべてとても丁寧な日本語で書かれていた。そこは恐らく日本語を扱える国際弁護士なんかに頼んだものだろう。

それにして、ドメイン名であればまだしも、たかだか1ウェブサービス上におけるアカウント名について商標権を訴えられるとは考えてもいなかった。
(アカウント名程度なら権利侵害をしてもいいという意味ではない)

ちなみに2つめの中略の部分には、向こうから提示された条件が書かれていた。その条件というのは

対応に際して一定の金額を支払うこと。
Anonymizer社のサービス1年間分無料で提供すること。


正直、そこで金銭的な関係が発生するとは正直思ってなかった。せいぜい、後者程度かなと。
この条件提示を受けて、「あぁ、このアカウントそんなに欲しいんだ」と思った。
と同時に、ぶっちゃけ長い間使ってきたアカウント名で愛着はあるとは言うものの、変更するだけでそこまでしてもらえるならそれでもいいか。
という考えがよぎ…