スキップしてメイン コンテンツに移動

Windows 7 をアンインストールしてみた

先日発売された Windows 7 Professional を早速インストールし、その直後にアンインストールしてみました。

…というのも、インストール時に、複数ある物理ドライブのうち、本来インストールしたかったドライブとは別のドライブ(データ領域として利用していたところ)にインストールしてしまったためです。。。

で、今回は早速のアンインストールを実施してみました。


まずは ブートマネージャのリストからの削除。

Windows 7 RC を削除する方法:bcdedit - Windows Vista とのデュアルブート
http://seawind.air-nifty.com/day/2009/07/windows-7-rc-bc.html


上記の記事や、ほかにもググるといくつかブートマネージャからの削除方法が既に書かれています。
このあたりはこの通りやればできるので、今回割愛します。


続いて、OS本体のアンインストール(削除)
上記の作業だけだと、OS本体は残ったままなのでOSも消しましょう。

方法についてはマイクロソフトからも

Windows 7 のアンインストール方法
http://support.microsoft.com/kb/971762/ja

というアナウンスがされています。
今回の場合は、上記の記述の中の「状況 2」のケースに近いのですが、残念ながらデータ領域であったため、「空の領域」ではなかったんですね。
で、データの量も多いため、データを別の領域に待避して、クリーンインストールとかフォーマットとかはなるべくしたくないんです。。。


そこで Windows の削除です。
今回のインストールで作成された領域は、ドライブ直下にある

  • Program Files

  • Program Files (x86)

  • ProgramData

  • Windows

  • Windows.old

  • Users



のみ。("Program Files (x86)"は64ビット版のみ)

これらを削除したいのですが、通常通りに削除しようとすると、OSの権限などによって削除することができません。
(たとえ起動中のOS領域とは別のところにあっても)

そこで、いくつかの手順を踏んでがんばって削除してみました。





これ以降の作業はややPCの知識を伴います。分からない方は行わないでください。
また、作業の際は慎重に行ってください。間違って稼働中のOS領域に対して行い、OSが正常に起動しなくなってしまっても当ブログでは責任を負いかねます。


【前置き】
今回は消したい領域(Dドライブ)とは別の領域(Cドライブ)にWindows 7 を別途インストールし、そちらのOSを起動した状態で、別の領域(Dドライブ)のWindowsの削除を行いました。

また、作業ユーザ(ログインアカウント)は管理者権限を有しているものとします。


まず、対象フォルダ(今回はWindowsフォルダ)を右クリックし、プロパティを表示します。
Windowsフォルダのプロパティ


続いて、セキュリティタブを開き、詳細設定ボタンをクリックします。
セキュリティタブ


すると、セキュリティの詳細設定画面が表示されるので、所有者タブを開き、その中の編集ボタンをクリックします。
このとき、現在のディレクトリの所有者が、OSの管理する「TrustedInstaller」というユーザになっていることが確認できます。
セキュリティの詳細設定


ここで、この所有者を作業ユーザに割り当てを変更します。
変更したいユーザが一覧に表示されている場合はその中から選択します。
いない場合には、他のユーザーまたはグループのボタンを押し、ユーザを指定します。
今回は Owner ユーザに割り当てます。
また、画面下のほうにあるサブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換えるにもチェックを行います。
このチェックを行わないと、現在指定しているフォルダにのみ変更が適応されるだけで、それ以下のディレクトリやファイルには設定が有効にならなくなり、あとで非常に手間となってしまいます。
所有者の変更画面


上記の画面でOKを押すと、以下のようなメッセージが表示されるのではいを選択します。
アクセス権限変更確認ダイアログ


すると、以下のような作業進捗画面が表示されるので、完了するまでしばらく待ちます。
作業進捗画面


上記の作業画面表示が消え、作業が完了すると、以下のようなメッセージが表示されるのでOKを押します。
セキュリティメッセージ


ここまでの作業が完了すると、先ほどのセキュリティ詳細設定画面で現在の所有者が変わっていることが確認できます。
確認できたらいったんOKを押して画面を閉じます。
所有者の変更を確認


次にフォルダのプロパティ画面に戻り、セキュリティタブ内の編集ボタンをクリックします。
ユーザアクセス権の編集


アクセス許可画面にて、グループ名またはユーザ名の一覧から、Usersを選択し、Usersのアクセス許可からフルコントロール許可のチェックマークをつけ、適用をクリックし、OKをクリックして画面を閉じます。


またプロパティの画面に戻り、セキュリティタブにある詳細設定ボタンをクリックし、詳細設定画面を表示します。
そして、アクセス許可タブにあるアクセス許可の変更ボタンをクリックします。
アクセス許可の変更


そして、アクセス許可エントリの中から、先ほどのフルコントロールを許可したUsersを確認します。
(一覧の中にUsersの項目は2つ出てきますが、上位1つがフルコントロールになっていれば大丈夫そうです)
そして、 このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める と、 子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトの継承可能なアクセス許可で置き換える のチェックボックス2つにチェックを入れ、OKボタンを押します。
アクセス権の設定とその継承

後はプロパティの画面もすべてOKボタンをクリックして閉じていきます。


そしてここまでの作業を行い、後はそのフォルダ(今回はWindowsフォルダ)を削除すればきれいさっぱりに消すことができます。
また、今回はWindowsフォルダを対象に作業を行いましたが、ほかの Program FilesProgram FIes (x86)ProgramDataUsersの各フォルダについても、同様の手順を行うことによって削除することが可能です。
("Program Files (x86)"は64ビット版のみ)


これで間違ってデータ領域にインストールしてしまっても、元々のデータはそのままで、Windows 7のみ削除(アンインストール)することができました。
お疲れ様でしたー。

コメント

このブログの人気の投稿

さくらのクラウドでマストドンのインスタンスをサブドメインで作る

タイトルに「の」と「で」が多すぎますが気にせずいきますこんばんは。

さくらのクラウドで、いま話題のMastodon(マストドン)のインスタンスを作成してみました。
Mastodonは普通にソースを展開して自分で普通にセットアップする方法や、Docker-composeを用いた方法などがありますが、さくらのクラウドでは、スタートアップスクリプトを用いて、管理画面から必要な項目を入力、スクリプトを選択するだけで簡単に立ち上げることができるようになっています。

さくらのクラウドのMastodonスタートアップスクリプト 実は少し前にこの方法で立ち上げたりもしていたのですが、本当に簡単でサクサクできてもの自体は30分程度で完了します。
管理者ユーザーを作成するには、通常のユーザー登録と同じ手順で画面からユーザーを作成後、一度コンソールからログインして、mastodonユーザーで下記のコマンドを実行する必要があります。

# su - mastodon % cd ~/live % bundle install % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=登録時のメールアドレス % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:make_admin USERNAME=作成したユーザーID mastodon:confirm_email でメール受信確認をスキップして承認済みに、mastodon:make_admin で指定したユーザーを管理者に設定します。

これでインスタンス管理者として様々な操作をGUI上から行えます。

同類の記事は恐らく既にたくさんあるので、詳しい作り方に関してはそちらを参考にしてください。

気になるところが 上記のさくらのクラウドニュース内で記載されているMastodonスタートアップスクリプトでの構築方法に関する記事内で、一つ気になるところがありました。
それが
※サブドメイン(例:mstdn.example.com)には対応していません。 という記述部分です。

つまり、このスタートアップスクリプトを利用した場合、サービス専用のドメインを用意する必要があります。
既存のドメインをなるべく利用したい場合には向…

iPhone7はApple Payでゲーム系ICカードとしても使えるか?

先日発売されたiPhone7をはじめiPhone6以降の機種で、日本でもようやく、Apple Payが使えるようになりました。
iPhone7は長年ユーザーが待ち望んできた防水対応もさることながら、日本向けiPhone7/7 Plusでは、NFCだけでなくFeliCaを搭載し、Apple PayではJR東日本のモバイルSuicaやEdyが使える、というのが今回の注目にもなりました。
Apple Payが始まることで、こちらも日本のユーザーが待ち望んでいたモバイルSuicaをはじめとする、国内の様々な場所で使われている非接触IC系サービスの恩恵を受けられるようになります。



ということは、非接触系ICカードを利用している場所の一つである、ゲームセンター。ここにある数々のゲーム筐体、最近では非接触ICカードリーダーが備え付けられていて、独自の電子マネー機能を持ち合わせたり、カード情報を読み取ってプレイヤーのプレイデータを読み込むのに使用されたりしています。これらは果たしてiPhone7でも使えるのか…。
検証
まず、現在国内で主流の非接触IC系ゲームプレイカード(以下、プレイカード)は下記の種類があります。

e-AMUSEMENT PASS (コナミ)
Aime (セガ)
バナパスポート (バンダイナムコ)
NESiCA (タイトー)
※これ以外にもあるかもしれませんが、自分が主に音ゲーを好んでやるため、音ゲー機種が出ているサービスのみを対象にしています。

これらのサービスに対応する機種でiPhone7のApple Payが使えるか検証してみます。

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する

HTMLページをパースしてURLを取り出す処理を書いていたのですが、ページ内のリンクなどが全部絶対URLで記述されていれば非常に楽なのですが、現実としてそうでもなく、ページによっては相対パスで書かれていたりして、正規表現で偏にリンクからURLを抜き出すだけではうまくできませんでした。

そこで少しググってみたら

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する|PHPプログラムメモ|プログラムメモ

という記事を発見!おぉ、これは便利!
と思って使わせてもらおうと思ったのですが、いくつかテストしてみて、相対パス処理で不備があるなーと思ったところがあったのでちょっと改良させてもらいました。

37~38行目は正直いらない気がしたのですが、 PHP 5.3 のCLIでWindows上でテストした際に、なぜか \/ (アルファベットのVではなく、\/ ) で出力されたのが気になったので、無駄かもしれないけどあえて記述。
あと $parse の初期化もここまでする必要ないけど、念のためNotice対策を…w

相対パスから絶対URLする関数

< ?php
/**
* 相対パスから絶対URLを返します
*
* @param string $base ベースURL(絶対URL)
* @param string $relational_path 相対パス
* @return string 相対パスの絶対URL
* @link http://blog.anoncom.net/2010/01/08/295.html
* @link http://logic.stepserver.jp/data/archives/501.html
*/
function createUri( $base = '', $relational_path = '' ) {

$parse = array (
'scheme' => null,
'user' => null,
'pass' => null,
'host' => null,
'port' => null,
'path' => null,
'query' => …