スキップしてメイン コンテンツに移動

今さらiPhone 3Gの話題とか

書こう書こうとしつつも、どうも日記やらこういうものは放置気味になるあのんです。

前回書いたとおり、iPhoneゲットしました。
ちゃんと発売日当日にね。
前日の夜、仕事を終えたその足で、SoftBank表参道店の行列に並びましたよ。仕事遅刻してまで。。。orz
残り2台というギリギリのところで16GB(Black)を購入。
(そのときは白ならまだ余裕があったらしいけど、黒が希望だったのでとっても満足)

さっそく色々いじってみてますが、楽しいと思うこともあれば色々と物足りないことも・・・
あ、jailbreakはまだ入れてないけどねw

機種変にしようかとも考えたけど、事前の情報で今までの「ケータイ」とは違う。という扱いだということなので、新規で契約。
SoftBank2台目となりました(・ω・)

ちなみに、この記事もiPhoneから書いてみようと思ったら、iPhoneからの入力では、wysiwygに対応していない模様で、入力エリアをクリックしても、入力インタフェースに切り替わってくれず、結局記事タイトル以外かけないという状態のまま終了しました。

完全にPCライクな動作は期待できない。と・・・。それがお望みならwillcomのD4がいいんだろうけど、あれはあれで大きいし重いし、それならASUSの100円EeePCとe-mobileの方がまだいいのかなと思ったりとか・・・
結局どれもがどれもPCライクなモバイルインターネットとしてはまだまだな部分があって、どれも中途半端かなぁ。といった印象。
まぁ、普段PCインターネットをする環境ってのは大体(宅内引き込み配線での意味の)有線の回線引いた、据置型あるいは持ち運びがある程度簡単なノートからそれぞれ電源を取った上で、電源も回線も安定した環境下からある程度良いスペックでのウェブサーフィン(死語)を楽しむわけだから、それと同じ環境をUBIQUITOUS(ユビキタス)に使えるようにするにはなかなか難しいだろうけどね。

iPhoneがビジネスとしてもう少し日本でも成功すれば、今の閉鎖的な日本の携帯ビジネスも変わるんだろうね。なんだかありきたりな意見だけど。

Appleも、ビジネスが絡む部分があるからだとは思うけど、もう少しオープンにしてくれてもいいと思うんだけどなぁ。
何が言いたいかというとAppStore。
あれは確かに通信キャリアを持たない、デバイス端末会社としてはいいビジネス。自社端末が売れれば売れるほど、そこに囲い込みができるからね。
今までキャリアに握られていた囲い込みが、メーカー側に回っただけということだけど、そこをもう少しオープンにしてくれてもよかったんじゃないかなぁと思う。

というのは、AppStoreから配信されずとも、フリーであれば認証なしにそれぞれのサーバから勝手アプリの類をダウンロードできるような形にしてもいいと思うんだ。たとえば体験版の配布とかでもね。
それで、有料でアプリを配信したい場合のみ、Appleの認証を得たうえで、AppStoreから配信されれば、もう少しユーザとしても開発者としても使い勝手が広まるし、自由度も増すんだけどね。

まぁAppleはiPhone SDKにいくつか制限を設けたNDAを含ませているようなので、恐らくそこのために認証が必要な形になってるんだろうね。

そして次第にiPhone 3Gもjailbreakするユーザが増え、悪質アプリが出回るようになり、故障時に補償が効かなくなる端末がたくさん出てくるんだろうね\(^o^)/

なんでそんな形にしているかというと、これは予測だけど、ぶっちゃけSDKだけでも禁止事項を含むようなプログラムを作ろうと思えば作ることは出来る形になってるんだろうね。
VoIPアプリとかリアルタイムGPSナビゲーションシステムとか、内部を破壊するプログラムとか。。。

いや、iPhone SDK落としてみたものの、結局Mac持ってないし開発環境を何も見ること触ることも今のところ出来てないんで、完全に勝手な妄想なんだけどね。

何にせよ、海外では「日本じゃ売れない」といわれたiPhone 3Gが、この先どこまで売れて、どこまでユーザに受け入れられていくのかで大きく市場の成長が変わりそうなこれからに、僕はちょっぴり楽しみにしています。

コメント

このブログの人気の投稿

さくらのクラウドでマストドンのインスタンスをサブドメインで作る

タイトルに「の」と「で」が多すぎますが気にせずいきますこんばんは。

さくらのクラウドで、いま話題のMastodon(マストドン)のインスタンスを作成してみました。
Mastodonは普通にソースを展開して自分で普通にセットアップする方法や、Docker-composeを用いた方法などがありますが、さくらのクラウドでは、スタートアップスクリプトを用いて、管理画面から必要な項目を入力、スクリプトを選択するだけで簡単に立ち上げることができるようになっています。

さくらのクラウドのMastodonスタートアップスクリプト 実は少し前にこの方法で立ち上げたりもしていたのですが、本当に簡単でサクサクできてもの自体は30分程度で完了します。
管理者ユーザーを作成するには、通常のユーザー登録と同じ手順で画面からユーザーを作成後、一度コンソールからログインして、mastodonユーザーで下記のコマンドを実行する必要があります。

# su - mastodon % cd ~/live % bundle install % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:confirm_email USER_EMAIL=登録時のメールアドレス % RAILS_ENV=production bundle exec rails mastodon:make_admin USERNAME=作成したユーザーID mastodon:confirm_email でメール受信確認をスキップして承認済みに、mastodon:make_admin で指定したユーザーを管理者に設定します。

これでインスタンス管理者として様々な操作をGUI上から行えます。

同類の記事は恐らく既にたくさんあるので、詳しい作り方に関してはそちらを参考にしてください。

気になるところが 上記のさくらのクラウドニュース内で記載されているMastodonスタートアップスクリプトでの構築方法に関する記事内で、一つ気になるところがありました。
それが
※サブドメイン(例:mstdn.example.com)には対応していません。 という記述部分です。

つまり、このスタートアップスクリプトを利用した場合、サービス専用のドメインを用意する必要があります。
既存のドメインをなるべく利用したい場合には向…

ブログを移転しました(WordpressからBloggerへ)

現在のこのブログを作ってから、長年自前サーバ(VPS)上で動かしていたWordpressで公開し続けてきました。
Wordpressは自由度もあり、カスタマイズ性もあり、また自前での場合はドメインもサーバ設定カスタマイズすら自由で、自分の行いたいようにいじることができました。

しかし、サーバ側のスペックや他の開発サービスとの兼ね合いなどもあり、人が滅多に来ないブログとは言えブログ自体の重さを感じておりました。
そのため、ここ最近はブログ用に別途VPSを借りて高速Wordpressとして売り出されているKUSANAGIを利用して公開したりもしていましたが、所詮趣味ブログであり、特に収益を上げるために書いたり(所為アフィリエイト)と言うことをしているわけでもなく、記事も頻繁に書くほどではなかったので、コスパの問題も出てきました。

そこで以前から計画していたBloggerへの移行を行い、ようやく公開作業が完了出来ました。使いやすさなどを考えると、はてなブログなどを利用するのが恐らく賢明だと思いますが、あれこれしようとすると有料プランで運用する必要があり、どうするかな、というところで悩みました。(VPSに比べれば月額は明らかに安いですが)

Bloggerは日本ではあまりユーザーが多くないように思えますが、ブログホストサービスとしての歴史は長く、またGoogleに買収されてからも安定して稼働しているので、こちらに移行しようと考えました。

Wordpressからの移行はそれほど大変ではないようで、それなりに大変でもありました。

記事やコメントの移行については簡単で、Wordpressの管理画面から「設定」→「エクスポート」で出力されるXMLを保存し、http://wp2blogger.info/ などのサイトへアップロードすることで、Blogger用XMLフォーマットに変換してくれるので、それをBloggerに取り込めば大体終了です。

問題は記事内で使用している画像です。外部サイトから読み込んでいる場合であればそのままでも行けるかも知れないですが、独自にアップロードしていた画像はすべてBloggerへアップロードし直す必要がありました。
またアップロード後も、元のファイル名でのURLにはならず、それぞれGoogleドライブ内で割り当てられているファイル名に変換されるので、一…

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する

HTMLページをパースしてURLを取り出す処理を書いていたのですが、ページ内のリンクなどが全部絶対URLで記述されていれば非常に楽なのですが、現実としてそうでもなく、ページによっては相対パスで書かれていたりして、正規表現で偏にリンクからURLを抜き出すだけではうまくできませんでした。

そこで少しググってみたら

PHPで相対パスから絶対URL(URI)を作成する|PHPプログラムメモ|プログラムメモ

という記事を発見!おぉ、これは便利!
と思って使わせてもらおうと思ったのですが、いくつかテストしてみて、相対パス処理で不備があるなーと思ったところがあったのでちょっと改良させてもらいました。

37~38行目は正直いらない気がしたのですが、 PHP 5.3 のCLIでWindows上でテストした際に、なぜか \/ (アルファベットのVではなく、\ と / ) で出力されたのが気になったので、無駄かもしれないけどあえて記述。
あと $parse の初期化もここまでする必要ないけど、念のためNotice対策を…w

相対パスから絶対URLする関数

< ?php
/**
* 相対パスから絶対URLを返します
*
* @param string $base ベースURL(絶対URL)
* @param string $relational_path 相対パス
* @return string 相対パスの絶対URL
* @link http://blog.anoncom.net/2010/01/08/295.html
* @link http://logic.stepserver.jp/data/archives/501.html
*/
function createUri( $base = '', $relational_path = '' ) {

$parse = array (
'scheme' => null,
'user' => null,
'pass' => null,
'host' => null,
'port' => null,
'path' => null,
'query' => …